毛孔性苔癬の治し方(東京)

ミュゼと毛孔性苔癬について。

 

ミュゼでは、ぶつぶつ」が軽い状態なら脱毛できるケースもあります。

 

注意点

この「ぶつぶつ」が毛孔性苔癬と医師に診断されているなら、ミュゼで脱毛できません。

 

ただの「ブツブツ・さらざらなら肌の状態がいいときに脱毛できることもあります。

 

でも病院で毛孔性苔癬と診断された場合は「肌のトラブル」となり、残念ながらミュゼで脱毛はできないのです。

 

肌の状態は個人差があるので無料カウンセリングで、
直接ミュゼに確認してみるといいでしょう。

 

>>ミュゼ無料カウンセリング申し込みはコチラ

 

アリシアクリニック

毛孔性苔癬の治し方記事一覧

 

脱毛毛孔性苔癬の効果と、エステサロンの光脱毛と医療レーザーのどちらがいいのか?毛孔性苔癬の脱毛ならミュゼや銀座カラーの光脱毛より、美容外科の医療レーザーのほうが効果があります。口コミなどでもレーザー脱毛で治った体験がりますが、あれはエステの光脱毛ではなく、医療レーザーです。レーザー脱毛は医療行為で、使用する脱毛マシン性能が非常に高いのです。

 
 

毛孔性苔癬の医療脱毛の効果とは?レーザーで毛穴の余分な皮脂を取り除くので肌の状態は良くなります。個人差はありますが、~毛孔性苔癬の場合は、エステサロンの光脱毛ではなく医療脱毛がおすすめ。

 
 

毛孔性苔癬脱毛できるエステとクリニックですが、通常エステサロンでは毛孔性苔癬脱毛はできません(大手のミュゼとか銀座カラーでは断られます)これは肌の疾患がある部分は契約上で光脱毛の光を当てられないのが理由。でも美容外科、美容皮膚科のクリニックの医療レーザー脱毛なら毛孔性苔癬でも大丈夫。しかも肌の改善効果のあるので、毛孔性苔癬脱毛できる医療レーザーがいいでしょう。